未分類

アンダーバーを英語キーボードでの出し方・打ち方、パソコンで半角を表示させる方法、アンダーバーの反対の出し方まとめ

 

英語キーボードでの出し方・打ち方

アンダーバーは拡張子の一つです。アンダーラインとも呼ばれます。

普段、パソコンで文章入力をしてアンダーバーを使うことはほとんどないでしょう。

アンダーバーを使うのは主に英文入力の時ですが、英文を入力していてもアンダーバーを使わないことがあります。アンダーバーの使用頻度としてはそんなに多くないと考えられます。

しかし、もしもアンダーバーが必要!といった時、入力方法を知らないと不便です。
アンダーバーはほとんdの使われることがないのですが、いざとなった時に英語キーボードでの出し方や打ち方を知っておくといいでしょう。

アンダーバーはショートカットキーで出すことができます。

シフトキーを押しながら、キーボードの「ろ」を押してみましょう。
アンダーバーが出たのではないでしょうか。

パソコンで半角を表示させる方法

キーボードで半角のアンダーバーを入力したいことはありませんか?
アンダーバーといえば、文字の代わりに下部分に横棒を表示するキーです。

日本語では下線符号といわれていますが、あまり使うことがないんですよね。

空白スペースが入れられない部分に、アンダーバーを入れて使うやり方もあります。また、メールアドレスの区切りでアンダーバーを使うこともあります。いずれにしても、アンダーバーを使いたい時に入力方法がわからないと不便です。

アンダーバーを半角で入力したいときはどうすればいいでしょうか?
アンダーバーには全角と半角があります。それぞれで長さが違います。

ちなみにメールアドレスでよく見かけるアンダーバーは半角です。普通、使われることが多いのは全角のアンダーバーよりも半角です。

この場合、シフトキーを押しながら「ろ」を押せば半角のアンダーバーが出てきます。先ほどのやり方と一緒ですね!

アンダーバーの反対の出し方
アンダーバー以外にも記号はたくさんあるので、戸惑うことが多いかもしれません。
キーボードに表示されていない記号もたくさんあります。

アンダーバーの反対の記号といえば、文字の上につくバーです。

アンダーバーは文字の下に横線が引かれますが、アンダーバーの反対の記号を入力すると文字の上に横棒が引かれます。

アンダーバーを出す時はシフトキーを押しながら「ろ」を押せばよかったですが、その反対の場合は、「うえ」や「まくろん」と入力してスペースキーを押せば出てきます!

おもしろいやり方ですよね。変換して一発では出てこないので、何度かスペースキーを押してみてください。

アンダーバーの反対のキーも、実はメールアドレスを作成する時に使われることがあります。レアな記号です。

打てない時の確認手順

アンダーバーの出し方としては合っているはずなのに、打てない時ってありませんか?

アンダーバーの操作は正しいのに打てない時、どう対処すればいいでしょうか。

シフトキーを押しながら「ろ」を押せば、本来アンダーバーは出てくるはずです。

それが出てこないとしたら、あなたのお使いのosでは対応していないショートカットキーの可能性があります。ほかにアンダーバーを出すためのショートカットキーが設定されているかもしれません。

例えば、シフトキー+バックスラッシュ(¥)キーを押すと出てくる場合があります。
どうしても打てない場合には、ハードウェア キーボードのレイアウトを変更する対処法があります。

windowsの設定画面を開き、時刻と言語から日本語を選び、オプションから「ハードウェア キーボード レイアウト」→「レイアウトを変更する」をクリックします。

メールに使いたい時の方法

アンダーバーをメールに使いたい時ってありますよね。

しかしそもそもアンダーバーの出し方がわからなければ、メールアドレスに使用することはできません。例えばスマートフォンでアンダーバーを出したい時、昔の機種ならアルファベットの入力モードで1のボタンを数回押せばアンダーバーが出てきました。

これが現代も適用できるかわかりませんが、試しにやってみる価値はあるでしょう。

ちなみにメールアドレスで使用できる文字や文字数は制限されています。

そもそもアンダーバーが使用できない記号ではないかも確認が必要です。

通常であれば、メールアドレス作成時にアンダーバーを使うことができます。
文字数はたいてい3文字以上30文字以内です。

携帯電話機でアンダーバーを出す時は、ひらがな入力の時ではなく記号のタブをクリックし、その記号の中からアンダーバーを出すやり方が一般的だと思います。

-未分類

Copyright© ウンチョロンボビックス111 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.