ブログ

頑張りすぎない!ママも自分の人生を楽しむための〝3つの息抜き法〟

『自分のことよりも、子供のことを優先』
『家のことを毎日毎日一生懸命やる』
『しつけや勉強習慣は親の責任』
とママは自分に割く時間など、ほとんどないのが現実ですね。
そんなママたちに言いたい、頑張りすぎではいませんか?

ママが楽しそうに活躍している家庭では、お子さんも前向きで明るいものです。
ママが人生を楽しんだ方が、お子さんたちも未来に希望を持ちやすくなることでしょう。

そんなママたちに『ママの人生を楽しむため』の3つの息抜き法をご提案します!
毎日に思い悩んでいるママさんはぜひ参考にしてみてくださいね!

ママ

 

女を楽しむ!

女性は何歳になっても、『女』でいたいと思うのが当たり前。
そして女性として『女』を楽しまなければもったいない!
ファッションや美活は楽しんでいますか?
ママが綺麗で努力をしているということは、特に女の子のお子さんにとっても嬉しいこと。
男の子の場合は、素敵な女性と結ばれ、幸せな人生を歩んでもらうためにも
「女として、母として生きるっていいな!かっこいいな!」と魅力を感じられるような過ごし方を見せるべきですね!

ママ3

趣味や仕事にも没頭する!

趣味に没頭したり、仕事を優先することは子供にとって“悪影響”と思われがちです。
確かに趣味や仕事ばかりに追われてしまえば、お子さんとの時間が持てなくなり、寂しがったり信頼関係が薄れてしまう可能性があります。
しかし、ママが社会で活躍している姿や、目標に向かって努力を続けている姿は、お子さんにも良い影響を与えます!
頑張っているママを見て、模範になる人が身近にいるのでお子さんも成長することでしょう!

ママ4

 

 

ママも成長することを忘れない!

お子さんはママの行動はよく見ています。
ママに応援してもらったり、優しく見守られている実感を持っている子供たちは、笑顔でハツラツとしています。
お子さんに何かをさせたい時、何かを頑張らせたい時は一書に頑張ることが大切です。
「お母さんは良いの」「お母さんのようにならないでね」という姿勢では、お子さんのやる気を喚起できません。
子供と一緒に“達成したい”目標を設定し、切磋琢磨ながら、反省を共有してはいかがでしょうか。

Mother with daughter in the park

 

 

いかがでしたでしょうか?
大人って良いな!と思わせることによってお子さんたちは、ママに尊敬を注ぎます。
頑張りすぎず、息抜きをする。“頑張りすぎないを頑張る”ことが一番大切なのではないでしょうか。
母として、人として、そして女として、子どもが羨むような充実した人生を歩んでくださいね!

関連記事

おすすめ記事

  1. boy reading book at the library
    すっかり春の陽気!と思いきや、まだ寒い日も続きますね。
  2. 121003ECvampire
     これが無いと寝てくれない。
  3. fathersday1
    バレンタインデーにママ、お子さんから贈り物をもらったパパは多いと思います。
ページ上部へ戻る