圧巻!紙コップ66000個置いて作成したモザイクアートとは?

雑学・豆知識

 

本日は、圧倒されるような心に刺さる動画をご紹介しようと思います。

 

赤ちゃん

 

モントリオール出身の芸術家のSerge Beloさん。

メッセージ性のある近代的なアートや巨大アートなどを製作する彼は、身近なものを使って作品を作り上げます。

その一例として

都市部における車の有害さを伝える為、駐車場に使用済の電車のICカードを使って大きな木のアートを描きます。

その動画がこちら。

非常にスケールとメッセージ性が大きな作品となっています!

そんな彼が、今回手がけたアート作品が圧巻の一言です!

 

66000個の紙コップに水を注いで作るモザイクアート

Serge Beloさんが次に製作に性作したのは、紙コップ66000個に水を使って作るモザイクアート。

紙コップ3

66000個の紙コップ必要な水は、おおよそ15,000リットルが必要です。

これは、500mlのペットボトルなんと30,000本分

紙コップ2
一つ一つ、手で並べいきます。気の遠くなるような作業。

 

参加したボランティアの数が、100名!!
紙コップ

完成に要した時間がなんと 62時間

 

この壮大な規模で制作されたモザイクアートがこちらです!

その制作物とは、なんと巨大な『胎児』のモザイクアート!

紙コップは生分解性するもの、水は雨水、塗料は野菜の色素を使用したそうです。

 

これから生まれてくる新しい命のために、これからの未来の為に、水の大切さを訴えるためにしたこのアート。

圧倒されるとともに、非常に心に刺さるメッセージになりますよね。

 

このアートを見て、今後子供達の為に何ができるのか

そして、子供達に何を残せるのかをもう一度考えてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事一覧